【恐怖!急性腰痛・ぎっくり腰!】

なつめ整骨院

04-7185-1777

〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台4-5-8 MEIA天王台102

営業時間:【平日】09:00〜13:00 / 15:00〜20:00
【土日祝】08:30〜14:00 ※土日祝 予約制

lv

【恐怖!急性腰痛・ぎっくり腰!】

院長ブログ

2017/06/21 【恐怖!急性腰痛・ぎっくり腰!】

~魔女の一撃 ! 恐怖のギックリ腰編~

 

梅雨に入り、ジメジメした気候が続いていますね。
昼夜の寒暖差が激しいこの時期に、なぜか増えるのが
“ギックリ腰 ”
今回は、もしもギックリ腰になってしまった時の対処法と予防法を御紹介致します。

 

① 動かす?動かさない?

1日目は動かずに安静にしていてください。翌日少しでも痛みが軽減したと感じたならできるだけ同じ姿勢をせずにゆっくり動いてみてください。
筋肉周辺の血流がよくなり回復を早めます。

 

② 冷やす?温める?

最近の研究では、疲労や拘縮(筋肉が固くなって動きが悪くなること)などからギックリ腰がおこっているとの見方で温めることも多いようですが、ギックリ腰になってしまった筋膜や腰椎は炎症を起こしている場合が多いので、強い痛みのある部分はすぐに冷やし、痛みが軽減してきたら患部の周りから温めることをお勧めします。(正しいアイシング方法は内藤に聞いて下さい)

 

③ 冷湿布?温湿布?

「温湿布」にはポカポカと温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシン。
「冷湿布」には、冷たさを感じるメントールが配合されており、それぞれ皮膚の『感覚』に違いがでます。
しかし冷湿布も温湿布も、実際は血行を促進する等の変化や、筋肉の温度変化はみられないとされています。
心地よいと感じる方で構いませんが、個人的に急性期は冷湿布がお勧めです。

 

④ 楽な姿勢は?

仰向けで寝る場合は、両膝を立てるか、座布団を2~3枚ほど重ねた上に膝から下を乗せるかすると、腰の緊張が和らいで楽になります。
横向きで眠る場合は足の間にクッションをはさみ、股関節と膝を曲げて丸くなる様に楽な姿勢をとりましょう。

img_7569

 

以上が自分で出来るギックリ腰の応急処置です。癖になるギックリ腰は治療よりも予防が大事!
なつめ整骨院では治療だけでなく、体幹のトレーニング指導なども行っていますので、是非 “ギックリしない腰 ”を目指して、励んでみてくださいね!

ちなみに、当院で行なっている、超音波とハイボルテージのコンビネーション治療は、急性の腰痛にも効果絶大ですよ!
もしもの時はお任せください!

%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b8

 

なつめ整骨院

電話番号 04-7185-1777
住所 〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台4-5-8 MEIA天王台102
営業時間【平日】09:00〜13:00 / 15:00〜20:00【土日祝】08:30〜14:00
定休日 火曜日

TOP